• top
  • コラム
  • ダイビングでも日焼けはする?全身抜かりのない紫外線対策法を解説!

ダイビングでも日焼けはする?全身抜かりのない紫外線対策法を解説!

ダイビングでも日焼けはする?

ダイビング中は海の中に潜っている時間のほうが圧倒的に長いので、日焼け対策は必要ないと考えている人もいるかもしれません。しかし、ダイビングをするときは海に潜っていない時間もわりと長くあります。そのうえ、実は紫外線は海中にもしっかり届いています。そのため、ダイビングをするときに日焼け対策は欠かせません。

なかには「日焼けをしたいから日焼け対策はしていない」という人もいますが、日焼け止めを塗らずにダイビングをすると、一日中紫外線を浴び続けていることになります。最悪の場合、低温やけどの状態になり水ぶくれができてしまうこともあるため、日焼けをしたい場合でも、しっかりと紫外線対策をしておくことは大切です。

ダイビングでの日焼け対策


ダイビングをするときは、どのような日焼け対策をしておけばよいのでしょうか。以下では3つの日焼け対策を紹介します。

日焼け止めを塗る

定番ですが重要なのは、塗るタイプの日焼け止めを使うことです。意外に休憩中はウェットスーツを脱いでいる時間も長いので、ウェットスーツで隠れている部分にもしっかりと日焼け止めを塗っておくことが大切です。

また、日焼け止めが海の中で流れてしまうと環境破壊になってしまいますし、せっかく塗った日焼け止めの意味もなくなってしまいますから、必ずウォータープルーフタイプのものを選びましょう。スポーツタイプのものはウォータープルーフタイプのもののなかでも特に強力です。

ただ、マスクに日焼け止めがつくと曇りの原因になりますので、塗るときや装着するときには注意しましょう。もしついてしまったら、中性洗剤を使えば綺麗に洗い流せます。

また、サプリメントになっている飲むタイプの日焼け止めもあります。

ラッシュガードにダイビングスーツを重ね着する

薄い素材で作られているラッシュガードをダイビングスーツの下に重ね着することでも、紫外線対策ができます。ラッシュガードは普通の服と比べて、紫外線をカットする効果が高いとされています。

ダイビングスーツのインナーとしておすすめしたいラッシュガードは、プルオーバータイプのラッシュガードです。UV加工が施されているものを選びましょう。ただ、いくらUV加工がされているものでも、長年使っているとUV加工の効果が落ちてしまいますので、定期的に買い換えることをおすすめします。

せっかくラッシュガードを着るなら、潜る直前ではなくボートに乗る前に着ておきましょう。

UV加工されたダイビングマスクをする

肌を紫外線から守ることを意識している人でも、意外と忘れがちなのが目の日焼けです。日焼けをするのは肌だけではありません。紫外線は目にもダメージを与えていて、ひどい場合は角膜が炎症を起こしてしまい、目がしみるような強い痛みを感じることもあります。

特に日本人は顔の彫りが比較的深くなく、欧米人に比べると約1.66倍も紫外線を浴びているという研究結果も出ています。ダイビングに必須の器具であるダイビングマスクは、UV加工されたものを選びましょう。

日焼け後のアフターケア

しっかり紫外線対策をしていたつもりでも、日焼け止めが取れたり、塗り残しがあったりして日焼けしてしまうことがあります。そんなときは、アフターケアを忘れないようにしましょう。

日焼けした箇所を冷却する

日焼けしてしまった箇所というのは、手で触ると熱を持っていることがわかります。アイスバッグや冷やしたタオル、アロエ成分が配合された冷却ジェルなどを使って、まずは焼けてしまった場所を冷却して、しっかり熱を取りましょう。

保湿する

しっかり冷却したら、今度は保湿が必要です。日焼けした肌は水分がなくなっている状態なので、そのままにしておくと乾燥してしまい、皮が剥けてしまいます。肌を綺麗に保つためにも保湿は欠かせません。帰宅したら、ボディーローションや化粧水でしっかり保湿しましょう。また、保湿したら水分が蒸発しないように、ボディークリームなどで肌にふたをしておくことも大切です。

体の内側からもケア

冷却と保湿で体の外側からの日焼けケアだけでなく、体の内側からケアしておくことも大切です。日焼けでダメージを受けた肌を再生させるためには、ビタミンAやビタミンCが重要だと考えられています。野菜やフルーツで十分なビタミンが取れない場合は、サプリメントで補うとよいでしょう。また肌細胞を作るために、タンパク質を摂取することも大切です。

万全な日焼け対策でダイビングをエンジョイ!

ダイビングを楽しむことはもちろん大切ですが、日焼け対策が不十分なために後から痛みや体の不調が続くことになってしまうのは避けたいものです。ダイビングを長く楽しむためにも、今回紹介した方法を参考にしながら、しっかり日焼け・紫外線対策を行いましょう。

Contact

お問い合わせ

当社は企業様、学校様、その他団体様のご活動を積極的にご支援しております。
お問合せは下記のお問合せフォームもしくは、お電話にてお待ちしております。

お問い合わせフォーム

株式会社マレア・クリエイト
担当:畑林英彦
TEL:03-5391-3413TEL:03-5391-3413