• top
  • コラム
  • ダイビングで使うドライスーツって?ウエットスーツとの違いを大解剖!

ダイビングで使うドライスーツって?ウエットスーツとの違いを大解剖!

ドライスーツとウェットスーツの違い

ダイビング初心者にとって、ダイビングで着るスーツ選びは非常に重要です。たとえば、いきなりエア抜きが難しいドライスーツを選ぶと潜ることが難しくなるなど、ダイビング自体に支障をきたしてしまう可能性もあります。

ここではそうした失敗を避けるために、初心者でも使いやすいスーツはどんなものか、その選び方のポイントをご紹介します。

ダイビング時に着用するドライスーツとは

ダイビングをする際に着用するスーツとしてはウェットスーツとドライスーツがありますが、ドライスーツというのは、スーツの中に水が入ってこないタイプのものを指します。

ドライスーツはブーツが一体になっております。また、手首・首の部分には密着性と伸縮性にすぐれた生地が使われており、ピタリと隙間なくフィットすることで水が入らないよう工夫されています。

ドライスーツとウェットスーツの違い

ドライスーツとウェットスーツ、どちらも人気がありますが、両者には大きな違いがいくつかあります。

最大の違いはスーツの内側が濡れるか濡れないか

ドライスーツとウェットスーツの最大の違いは、それぞれの名が示しているとおり、「ドライ=濡れない」か「ウェット=濡れる」か、という点です。

ウェットスーツを着用してダイビングをした場合、スーツの中まで完全に濡れた状態となるため、水着をウェットスーツの下に着ておく必要があります。

一方、水が入らないドライスーツの場合は水着着用の必要はなく、下着の上にスーツインナーを着用し、その上からドライスーツを着るだけでOKです。

水で保温するか空気で保温するか

ドライスーツとウェットスーツでは、保温のメカニズムにも大きな違いがあります。

ドライスーツの場合は、体とスーツの間に空気が入り、その空気を体温で温めることで保温します。これに対してウェットスーツの場合は、体とスーツの間に水が入り、その水を体温で温めて保温する形となるのです。

つまりドライスーツとウェットスーツでは、空気を温めての保温か、水を温めての保温か、という点に大きな違いがあるというわけです。

水温22℃以下のダイビングに適しているのはドライスーツ

前項でも述べましたように、ウェットスーツでのダイビングは身体が濡れてしまうという事もあり、水温が低い場合はどうしても寒く感じてしまうリスクが高まります。水温が22℃を下回ってくると、ドライスーツのほうが冷たさ・寒さを感じず快適にダイビングを楽しむことが出来るのです。22℃以下の水温になる日はドライスーツを選ぶのがおすすめです。

ドライスーツでダイビングを始めたほうが良いわけ

ドライスーツはウエットスーツと違い、保温や浮力調整をする為にスーツ内へ空気を出し入れ(給排気)する操作が伴います。その操作を練習する為に実はライセンス保持者であっても、初めてドライスーツを着用する際には限定水域(プール)にて講習を受講する必要があるのです。

しかし、ライセンス講習時からドライスーツでダイビングを始めていれば、ドライスーツでも操作も講習中に習得できますので、ライセンス取得後に別途、ドライスーツの講習を受講する必要もなく、オールシーズンで快適にダイビングを楽しむことが出来るようになります。

そのような事もあり、ウエットスーツでダイビングを始めるより、ドライスーツでダイビングを始めた方が良いと言われています。

気になるドライスーツの価格相場

ドライスーツはウエットスーツに比べ、若干の操作が伴うものの、ダイビングしても体を濡らさずに済み、比較的寒い季節でも使えるという利点を持つドライスーツですが、その価格相場はウェットスーツよりもやや高めです。ウェットスーツの価格相場は既製品なら3〜5万円、オーダーものでも5〜8万円程度の予算があれば検討は可能です。

これに対してドライスーツの価格相場は既製品であっても8~12万円ぐらいになるものが多く、オーダーものとなると15万円を超えるもの、上位モデルになると20万円を超えるものもあります。

人気上昇中のドライスーツでダイビングの幅を広げましょう

かつてはダイビングの際に着用するものといえばウェットスーツでしたが、近年ではドライスーツの人気も上昇してきています。

ドライスーツはウェットスーツと保温のメカニズムが異なるため、使い勝手もウェットスーツと異なる部分はあります。しかし、寒い季節のダイビングではドライスーツのほうが冷たさや寒さを感じずに快適なダイビングができます。

ドライスーツとウェットスーツを水温などに応じて使い分ければ年中無理なくダイビングを楽しめますので、ぜひドライスーツを手に入れて、ダイビングを楽しめる季節、機会の幅を広げていきましょう。

Contact

お問い合わせ

当社は企業様、学校様、その他団体様のご活動を積極的にご支援しております。
お問合せは下記のお問合せフォームもしくは、お電話にてお待ちしております。

お問い合わせフォーム

株式会社マレア・クリエイト
担当:畑林英彦
TEL:03-5391-3413TEL:03-5391-3413