つなげていく 人と自然のあいだで
マレア・ダイビングの向かう場所

イタリア語で「海」のことを「Mare」といいます。

「Marea」は「潮の流れ」「潮の干満」という意味の言葉で、目まぐるしく移り変わる時代や社会の流れの中、絶えず満ち引きを繰り返す海のようであれという意味を込めて名付けられました。

マレア・クリエイトの母体は、学校・教育・人材派遣事業を展開する三幸グループです。

私達マレア・クリエイトは、スキューバダイビングを楽しんでいただくだけの企業ではなく、海と自然を愛する人達が活躍できるフィールドを作り、一つの業界を最前線で支えることを目的としたインストラクター開発と人材教育に力を注ぐことも使命としています。

海とダイビングを通して人と人との絆を作り、ダイビング業界で活躍できる人材を創る

マレア・クリエイトとは、海をフィールドとした「絆づくり」と「人材育成」の企業です。

私たちマレア・クリエイトは、ダイビングに関するあらゆるビジネスを展開しています。

ダイバーショップを経営する企業やダイビングインストラクターを養成する学校は日本中にたくさんあります。しかし、私たちマレア・クリエイトは、単なる物品販売窓口のような企業や、機械的なインストラクター養成所のような学校とは一線を画しています。

お客様に器材を販売するときも。

企画したダイビングツアーを紹介するときも。

学生にインストラクターとして必要な技能や知識を教えるときも。

ファンダイブでお客様と海に潜っているときも。

常に意識するのは、自分たちが人と自然をつなげる存在であること。

大自然への敬意は、自分が感じるだけでは意味がありません。

自分が感じ、そしてそれを伝えるだけでも意味がありません。

ダイビングは、自分が楽しさを味わうだけでは意味がありません。

自分が味わい、そしてそれを共有するだけでも意味がありません。

大切なのは刹那的な感覚を提供することではなく

人と自然を心でつなげていくことだと考えます。

昨今、環境が劇的に悪化しているというニュースを耳にします。現場にいる私たちも、その事実を目の当たりにしています。砂浜が縮小し、珊瑚礁が破壊され、生息する魚や動物の数が減少していることを身をもって感じています。

その原因の大部分が、私たち人間の、自然を無視した過度の経済活動によるものだと言われています。この深刻な状況の中で、失われつつある自然の最前線に立つ私たちにこそ、起こすべき行動、果たすべき使命があると考えます。

豊かな大自然を感じたとしても、それが刹那的であれば、ただの「楽しい思い出」にしかなりません。

しかしその「楽しい思い出」は、人と自然はつながっているのだという思いによって、新しいチカラを生み出すことができます。

現代に生きる私たちは、大自然とのつながりを感じ続けるには難しい、高度に発達した都市社会で日々暮らしています。せっかく築いたつながりも少しずつほどけてしまうでしょう。「楽しい思い出」が色褪せていくのは言うまでもありません。

だからこそ、私たちマレア・クリエイトは失われやすいつながりを保ち、そしてより強くしていくため、ダイビング後のお客様とのコミュニケーションやツアーが終わってからのフォローアップだけでなく、その使命を果たすインストラクターの資質向上に努力しています。

私たちマレア・クリエイトにとってダイビングは単なるエンターテインメントやビジネスツールではありません。より高い目的を実現するためのきっかけなのです。

より幸せに生きるために。

より素敵な世界を伝えるために。

マレア・クリエイトは人と自然のあいだに立ち、多くの人と自然をつなぐ存在でありたいと考えています。

私たちと共に、今までとは違う次元でダイビングを楽しんでみませんか?

  • イントロダクション
  • 会社概要
  • グループネットワーク
  • 取材・出演情報
  • 表彰実績
  • 登録・認定
  • 受入実績
  • 採用情報